2013年05月27日

「hammer finish engagering・お客様へのご伝言」

SAKAMOTO様デザイン画.jpg
▲ハンマー仕上げのエンゲージリング(5月26日ご来店のお客様へ)

昨日お友達とお二人でご来店いただいた男性のお客様へのご伝言です。
オリジナルのデザインを考えてお送りいたしますとお約束いたしましたが
お伺いしたメールアドレスに届きませんでしたのでお知らせいたします。

カジュアルでファッショナブルな雰囲気。
細めのアームは15mmがおすすめですが、より細くしますと1.2mmの幅でも綺麗にまとまります。
センターのダイアモンドは0.1カラットで直径が約3mmくらいです。
アームテクスチャーはリクエストの「ハンマー仕上げ」を表現しています。
デザインは@-Bでだんだんと造形的にアートな感じになっています。

製作期間やエスティメイトはお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

→【お問い合わせメール】はこちらです。






posted by ナナ at 21:51 | TrackBack(0) | お客様へのご伝言板

2012年09月09日

「Ring of loving two leaves・お客様へのご伝言」

Ring of loving two leaves.jpg
▲画像はクリックすると拡大します。

金曜日の夜にご来店いただいたYUKAへ。
ご結婚が決まっておめでとうございます。
話しして、はにかみながらも、やわらかな幸福感にあふれている姿がとても素敵でこちらもなんだかあたたかい気持ちになりました。
先日の「2枚の寄り添う葉」のマリジリングについて改めて職人のMAKOTOと相談してまとめてみました。
素敵なアイデアだったので、私どうしても気になりご伝言いたします。
「エンゲージはいらないかも・・・」とおっしゃられていましたが、マリッジと関連付けたデザインを考えてみました。きれいに調和するデザインを心がけて描いています。
ぜひお二人でご覧ください。
designer/HARU

posted by ナナ at 00:04 | TrackBack(0) | お客様へのご伝言板

2012年09月07日

「Face book・お詫び/フェイスブックには登録していません」

FRAUfacebook仮.png
▲作ろうとして中断している【FRAUの公式facebook】ページです

過日のジュエリーショーで出逢ったタイペイやUKの女の子で大変このブログを良く見てくれている方がいます。ふたりともジャパンカルチャーが大好きな女の子で、時を同じく「facebookやりませんか?」と。
このような海外のお誘いはまれですが、国内や、近く神戸っこ達からは「やろうよ!」と頻繁にお誘いがあります。

ほんとにありがとう。
でもお返事できなくてごめんなさい・・・。

フラウという会社はお客様ひとりひとりに販売するかたわら、自身の作品を全国のショップに提供したり、企業間での取引(おもにデザインや環境作り)を生業としているため、さまざまな人が出会い交錯します。そういった性質上、品目の分類やフレンドの管理に大変困っています。「どーすればっ!!、すっきりできるの?」 facebookはあきらめたわけではありませんがただ今考察中(目指せ年内・・・)

※フツーにMAILでお問い合わせいただければちゃんとお返事はしておりますのでお気軽に!メールはこちら office@frau-kobe.com 

posted by ナナ at 14:37 | TrackBack(0) | お客様へのご伝言板

2012年09月03日

「 Best fruit in season・お礼に梨芸をご披露します」

今日はお礼に「梨芸」を披露します。

梨芸1.JPG
▲「良く見えるわ―」・・・双眼鏡です

梨芸2.JPG
▲「怒ったぞー」・・・角です

梨芸3.JPG
▲「まだまだ積むよー」・・・最高記録は10段です

たくさんの梨を送ってきてくれたのTOSHIHARUとMISAKI
8月のお盆、わざわざ鳥取から来てくれ指輪をオーダーしてくれたカップルです。
季節の果実は20世紀梨。旬の味覚をいち早くごちそうさま。

梨とフラウ.JPG
▲「たくさんありがとうございます〜っ☆」

オーダーしていただいた「ケルティックドラゴン」のセットリング。
お送りした確認用の原型モデルはいかがだったでしょうか?
一生懸命お作りしますね☆

※閉店後、職人のMAKOTOさん家にもお届けしました。


posted by ナナ at 12:32 | TrackBack(0) | お客様へのご伝言板

2012年05月10日

「Message in a hurry for a customer・昨日のお客様に伝言です」

20120509吉住様秀生様指輪デザイン画.jpg
▲こちらお約束しましたオーダーリングのデザイン詳細となります。

昨日ご来店いただいた男性のお客様へ。
ご依頼いただきましたダイアモンドリングの詳細を上記に記しております。
「メールにて送ってください」とのことでしたが、お伺いしましたアドレスが不通でしたのでこのブログを借りてお知らせいたします。
価格など大事なところは伏せております。
次ページでより詳しく解説していますのでお知らせいただければと思います。
ご連絡心よりお待ちしております。

TEL  078-599-5061
MAIL ijamay@amail.plala.or.jp
【担当 HARU ONO】



posted by ナナ at 22:34 | TrackBack(0) | お客様へのご伝言板

2012年04月16日

「A letter not reached・あるお客様へのお知らせ」

徳島県板野郡の堀内彩さんエンゲージリングマリッジリングのデザイン案.jpg
▲お客様に依頼されて描いたデザイン画。でも届かないのです・・・。

3週間ほど前でしょうか?
お仕事で徳島から神戸にいらした「大きな黒い眼鏡をかけたチャーミングな女の子」と「そのお仕事の先輩」という女性二人のお客様へ。
お話の中で提案しましたデザイン画を徳島県板野郡松重町のご住所にお送りしたのですが戻ってきてしまいました。お約束をした手前、「届かないじゃん!」とがっかりされているのでは?と心配になりましたのでこちらブログに掲示してお知らせいたします。7月7日がご入籍とのことでしたので、よろしければまたGWなどにご来店ください。
週末は混雑いたしますので来店予約をお勧めします。
来店予約はこちらです

他にも何かご相談などありましたらお気軽にお問い合わせください。
designer/AKANE

posted by ナナ at 18:43 | TrackBack(0) | お客様へのご伝言板

2011年05月23日

「Conflict-free diamonds・非紛争ダイアモンドの使用」

FRAUのコンフリクトフリーのインボイス.jpg

▲某輸入商のインボイスに印字されたコンフリクトフリーの明言

「消費者に不当に不安感をあおる発言や行為は慎むべきである」
5年前にダイアモンド業界のリーダー‘De Beers Group’が
日本のマーケットで提言した注意喚起です。

紛争ダイアモンドは5年たった今、より広義の意味を持つようです。
それは「流通過程において戦争や暴力、人権侵害や幼児労働そして環境破壊に起因するダイアモンド」と解釈してよいと思う。
なので非紛争ダイアモンドは「それらを通さずに取得したとその起源を明言したダイヤモンド」のことです。

FRAU/フラウで使用されるダイアモンド。
そのサプライヤーは数社の東京の輸入商で、皆コンフリクトフリー(非紛争ダイア)であることを明言している。

ダイアモンド身につけるという行為は私たち女性にとってそのまま幸せを身にまとうことなので、
うしろめたい感情が付きまとってはおとおちと楽しむことも出来ない。
なので当然私たちはコンフリクトフリーダイアを使用している。
(ちなみにコンフリクトフリーじゃないダイアっていまだに存在するのだろうか?)

「消費者に不当に不安感をあおる発言や行為は慎むべきである」
と5年前に聞いたことはてっきりマスコミや社会団体に対する提言だと思っていましたが、
悲しいかな、ダイアモンドを取り扱うジュエラーのモラルに対する注意喚起であったのかと感じる。
コンフリクトフリー(非紛争ダイア)を大げさに主張することはむしろ購入誘導のためのセールストークとして利用されているのではないかしら?

posted by ナナ at 13:12 | TrackBack(0) | お客様へのご伝言板