2012年06月03日

「Nice rings tailored in Kobe・フラウ神戸で作った素敵なオーダーメードセットリング」

RYOSUKEとSAKIはフラウ神戸のお客様.JPG
▲RYOSKEとSAKIは笑顔いっぱいのナイスカップルです。

彼女に聞きました「彼の好きなところは?」
「やさしいサムライみたいな人です」
彼に聞きました「彼女の好きなところは?」
「素直で明るいところです」

そんな二人は学生時代のアルバイトがきっかけでお付き合いが始まり早6年が経ち、
今年の10月にみごとゴールインをひかえています。


RYOSUKEとSAKI様セットリングデザイン画神戸フラウ.jpg
▲二人のために描いたオーダーリングのデザイン画です。

柔らかにtwistする曲線のリングはそれ自体が「∞」のマーク。
エンゲ―ジとマリッジ。
重ねればその流れるラインは美しく調和してお互いを引き立てあいます。
1本でもきれい。2本だったらもっとステキ!
そんなコンセプトでデザインさせていただきました。


RYOSUKEとSAKI様神戸フラウの素敵なセットリング.jpg
▲完成!「うまくできたぞー!!」と職人さんも自信満々の傑作です。

青い石はブルートパーズ。彼の誕生石。
とびきりきれいなのをたくさんの中から探して取り付けました。
ちなみに彼女の誕生石は4月ダイアモンド。
だから1本の婚約指輪には二人の誕生石が仲良く寄り添っているのです!

シンプルだけどとっても綺麗。
今日もフラウから素敵なオーダーメードが誕生しました。
designer/AKE




posted by ナナ at 15:26 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2012年05月10日

「Super moon・月の指輪」

supermoonの指輪.JPG
▲月の指輪。SUPER MOON。

スーパームーンはいつもの満月より15%ほど大きく見える素敵な一夜。
月と地球が最も近づく時に起こるこの現象は19年ぶりということ。

明るい月夜にぼんやりお月見。ちょいとデザインのペンを走らせる。
仕様はイエローゴールの光沢アームにつや消しのまあるいドーム。
そこにローズカットのダイアを2、3粒。
仕上げに小さなメレダイアを月面に散りばめて・・・。
「できた―☆」
スーパームーンリングの完成です。

※ちなみに月が地平線に近ければ近いほどドラマチックな見ごろですよ。

posted by ナナ at 01:24 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2012年04月21日

「How to make ordermade?・素敵な実例は蝶のエンゲージリング」

KENTAROUとREIKOはフラウ神戸のお客様.JPG
▲KENTAROUとREIKOは世界で一つのエンゲージリングを神戸で作りました。

KENTAROUとREIKOは見るからにオシャレなカップル。
すっと美人な彼女に似合う婚約指輪をここFRAU神戸でオーダーメードすることになりました。
二人がオーダーした「蝶」をモチーフにした美麗なエンゲージリング。
実例にその流れ「HOW to MAKE?」をご紹介しましょう。


【STEP1】
STEP1デザイン中.JPG
▲デザイン画を作成します。 1週間後〜当日

担当したデザイナーがお二人の希望のイメージを図面化します。


【STEP2】
STEP2蝶のエンゲージリングデザイン画完成.jpg
▲デザイン画の完成。

再度ご来店できないお客様にはメールで送信したり、郵送してお知らせしています。


【STEP3】
STEP3蝶のエンゲージリングワックス模型の確認.jpg
▲1/1 模型確認。 2〜3週間

緑色のものはWAXを使ったリングの原型です。
「いきなりできてはちょっと心配・・・」そんな不安が起きないように原寸の模型を作って確認していただきます。
この時点でデザインを変更することもできるのでご安心ください。


【STEP4】
STEP4職人さんが手つくり.jpg
▲職人が大切に手つくりします。 2〜3週間

フラウの職人さんはとても腕利きで有名なひと。大切に手つくりしてくれます。


【STEP5】
STEP5蝶のエンゲージリングの完成.jpg
▲完成!! 世界であなただけのゆびわです。

センターダイアの輝きや存在感を大切にしたベーシックなソリティア。
一見そう見えますが、ショルダーには2匹の優美な蝶が!
ダイアモンドを優しく包み込む姿に愛や幸せを感じます。
(美人なREIKOにぴったり)


洗練されたデザイン感覚と高度な技術で作られたオンリーワンリングは換えがたい魅力にあふれています。
二人の作った蝶のソリティアエンゲージリング。
また新しい傑作が神戸フラウで生まれました。


「フラウのオーダーメードのエンゲージリングが欲しいな。」
神戸のブライズの間でちょっとしたステイタスになりつつあります。


posted by ナナ at 00:09 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2012年04月02日

「Put a smile&memory on your ring・笑顔と思い出を閉じこめた指輪」

YUUKIとSHINOBUはフラウ神戸のお客様.JPG
▲YUUKIとSHINOBUは明石海峡大橋に特別な思い出があります。

その橋はとくべつで象徴的。
「出会い」、「お付き合いの始まり」、「プロポーズ」、そして「結婚式」・・・
二人の大切な節目にはいつもその橋がそばにありました。

ゆびわに思い出をとじこめることはできないか?

SHINOBUのアイデアで始まったオーダーにFRAU神戸の職人が応えます。
そしてそのセットリング(マリッジリング+エンゲージリング)は・・・・


明石海峡大橋をテーマにしたマリッジリングとエンゲージリングの作例 FRAU神戸.jpg
▲ツイストウエーブを効かせたピンクゴールド。オリーブの枝模様はナチュラル。

結婚指輪と婚約指輪がぴたりと重なるこのセットリング。
各指輪の側面をよく見ればブリッジ状の波模様が溶け込みます。
そして・・・
ダイヤモンドの裏側に「スマイルマーク」が!
こっそりとくり抜かれた秘密のマークは「今のまま笑顔がたえない家庭にしたいね☆」そんな願いが込められているようです。
「思い出」と「笑顔」がとじこめられた素敵なオーダーリング。
今日もここ神戸フラウで誕生しました!


posted by ナナ at 12:04 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2012年03月05日

「Special font curved in rings・愛があるね!」

YUYAKEIKOは神戸フラウのお客様.JPG
▲「愛があるね!」はリングを見た彼がつぶやいた一言です。

YUYAとKEIKOは自分らしさをちゃんともったファッショナブルなカップル。
「お母さまから頂いたダイアモンド使ってジュエリーを作れないか?」
そんな質問とともにFRAUに訪れた。
その日は職人のMAKOTOがいたので直接お話しをする。そして、
エンゲージリングとそれにぴたりと重なるマリッジをオーダーした。

シンプルだけど彼らしさが光るよう内側に珍しい書体で文字を入れることとなる。
その書体は・・・

クロムハーツのフォント.png
▲二人がリクエストした「CLOISTER BLACK」という書体

この字をわずか幅2mmの中で表現しなくてはならない。
そして苦心してできた姿がこれ!

珍しい作例内側に特殊な文字.jpg
▲大変珍しい内側の作例。特殊な書体は手作業で刻む。

【女性用】のマリッジはダイアがたくさん入った細めのエタニティリング。
ネイルサロンに勤務する彼女に相応しい感じのいい指輪。
【男性用】は太く、プラチナをしっかりと使ったシンプルマリッジ
その太さ自体が存在感があって、こだわりの彼らしい指輪。

完成をじっと見つめて彼は、
「この指輪には愛があるね。あなた(職人)に出逢えてよかったよ・・・」と。
職人さんは、少し照れながら、
「ありがとうございます。」と。

職人のMAKOTO君はその日一日嬉しそうでした。


posted by ナナ at 15:57 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2012年03月01日

「Aquamarine・3月の誕生石はアクアマリン」

アクアマリンスイート10ダイアモンドリング.jpg
▲アクアマリンとダイアモンド10石を使用したオーダーリング

センターはオーバルカットのアクアマリン。
水色が濃く、かつ雑味なくクリアなものです。
これは「サンタマリア」と呼ばれ、美しいものを求めるジュエラー達に愛されています。

リングのアームに配されたやや大き目ダイアモンドは合計10石。
「1,2,3・・・10!」
10という数が視覚できるように絶妙の空間を持った石留を心がけました。

この作品は3月がお誕生日の奥様に、結婚10周年の記念と感謝をこめた
スペシャルなギフトです。
親交の深いジュエラーからの依頼で大切に製作させていただいました。

さてアクアマリンは3月の誕生石。
かつて船乗りたちが旅のおまもりとして所持していたといいます。

11年目から始まる二人の新しい旅立ち。
見守る存在となることを望みます。

special thanks-HEIWADO CO;LTD/TAKUYA.I


posted by ナナ at 19:26 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2012年01月04日

「Rings of ribbon・リボンの指輪は優しく結ぶ」

KEISUKEとSANAオーダーメードで指輪を作りました.JPG
▲KEISUKEとSANAはフレッシュでスイート。

2人の笑顔は愛らしく、さわやか。
いかにもフラウに訪れる、そんな「らしい」カップルなのです。

直営店のフラウ神戸三宮店では稀にオーダーメードのブライダルリング(マリッジリング+エンゲージリングのセット)をお受けします。
KEISUKEとSANAからはリボンをテーマにしたセットリングのご依頼いただきました。
今日はオーダーリングの完成までのステップを実例をもって紹介しましょう。

【STEP1】 デザイン画を描いて提案しました。
リボン指輪ステップ1デザイン画.jpg
ご来店後、お二人のイメージをまとめたのは私AKEです。
設計図をお手紙にして郵送させていただきました。


【STEP2】 1/1の原寸模型を作って確認していただきます。リボンのゆびわステップ2模型の確認.jpg
緑色はワックスモデリング。お二人には製作途中をチェックしてもらい、
マリッジリングのデザインを微調整しました。


【STEP3】 職人が丁寧に製作します。
リボンのゆびわステップ3職人さんが手つくり.jpg
今回の担当職人は元町のMAKOTOさん。
難しい作品を大切に手つくりしてくれました。


【STEP4】 完成!二人だけのオリジナルリングです☆
リボンのゆびわステップ4完成.jpg
素敵なゆびわの完成です☆
こうして思う通りの、イメージ通りのリングができるのです。


リボンのゆびわセット完成.jpg
▲マリッジリングとエンゲージは美しく重なります!

フラウのジュエリーらしくぴったりなセット感。
デザイン性と機能美を大切にしました。

さあ、いかがでしたか?

さて、リボンのモチーフって素敵ですね。
2人を結ぶ「絆」のイメージもあり、柔らかくてやさしい愛情を感じます。
KEISUKEとSANA、二人のイメージをそのままカタチにしような素敵なオーダーメードリングでした。

designer/AKE


posted by ナナ at 02:20 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2011年12月15日

「Lovers married in this Halloween・12月のハロウインマーク」

MAYUKAはフラウ神戸の客様.JPG
▲「ここまで来るからいいんですよっ!」とMAYUKA

「大阪にお店はありませんか?」とよく問い合わせをいただく反面、
「神戸にしかないからいいんです」と特別感を感じていただくこともあります。
MAYUKAも同じく、大阪からお越しいただいたお客様。
(素敵な笑顔でしょ☆)
FRAU/フラウらしく上品で凝ったマリッジリングをご注文いただいたのですが、
指輪の内側には秘密の細工が・・・


マリッジの内側にイラストを掘りました.jpg
▲ハロウインに入籍したのでジャッコランタンのマーク!

愛くるしいパンプキンマークは重ねると二人がおんぶしてるみたい。
気の利いた二人のアイデアに感動なのでした。

さて、今日はMAYUKAの誕生日とのこと。
結婚指輪完成の知らせを受け、いてもたってもいられず受け取りに来てくれたのです。
なのでオマケでちょっとプレゼントを。
ショップで使ってるキャンドルとフレーバーティーをはいどーぞ。

リングと一緒に素敵な思い出も提供できたかしら?

designer/KOBA(代筆A子)


posted by ナナ at 16:55 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2011年12月06日

「They have a wedding ring new made. ・光をまとった翼のゆびわ」

神戸フラウのアイドルだよ.JPG
▲FRAUのアイドルだよ!わーい☆

「こんなに空間が心地よくて、綺麗なリングができて、FRAUのファンになってしまう理由が分かります」とお褒めのコトバ ♡

YUMIとYOSHITAKAとYUICHIROUが初めてFRAUに訪れたのは9月ぐらい。
そもそもマリッジリングをお持ちでいらしたのですが、ダイアモンド入りなのでお子様を育てるのに気になっちゃう。
なのでので新しいリングをお探しています。と。
「一度検討」ということでお帰りになられたのですがお二人の希望のデザインや機能を想像しつつ、みんなで考えてオリジナルデザインを提案したのです。

神戸オーダーメードマリッジリング1.jpg
▲それがこちら!

【リングのテーマ】
・2本のラインが1つになり穏やかなカーブを描いたようなリング。
・おふたりの人生が一つになり、心地よく空に羽ばたく翼をイメージしております。
・オリジナルデザインオーダーマリッジリング(プラチナ950)
・男性用様3mm幅、女性用2.5o幅


どの面、角度から見ても絵になるこのマリッジリングは・・・


神戸オーダーメードマリッジリング2.jpg
▲A方向はVライン/翼がはばたくイメージ。

そして,



神戸オーダーメードマリッジリング3.jpg
▲B方向はSライン(ツイスト)/二人の人生が強く結びあうイメージ。



オーダーの素晴らしさはその人らしさを表現できること。

コミニケーションの中からその人々の意図を組みとり、提案した形がぴたりとマッチしたならば、
それはデザイナーとして最高に幸せな時なのです。

神戸フラウでまたひとつ素敵なオーダーリングが生まれました。


YUMIとYOSHITAKAとYUICHIROU.JPG
▲最後にファミリーではいポーズ☆

また来てね!
designer/A子


posted by ナナ at 07:13 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2011年09月26日

「Welcome rabbit!・けっこうかわいい ウサギの指輪」


ウサギの指輪フラウ神戸三宮店.JPG
▲けっこうかわいいいウサギの指輪

「あなたの好きな動物は何ですか?」の質問に、
「〇〇〇です。」と答えるならば、
その「〇〇〇」は、あなたがみんなからどう思われたいかを表すそうです。

本日は大阪のプレスの素敵な女性がフラウにご見学にいらっしゃいました。
神戸の同僚から聞きつけ、わざわざのご来店有り難うございました。(礼っ)

で、フラウのお店の楽しさを体感してもらうためにいつもの質問を・・・
好きな動物はなに?
彼女の好きな動物はウサギさんでした。

お待たせしました、あなたにお似合いの指輪。
オリジナルデザインで描いてみました!
(また来てね☆)

/フラウの3人のデザイナーより
posted by ナナ at 22:48 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2011年09月16日

「Fresh peaches in stock today・桃のゆびわ」

桃の婚約指輪神戸フラウ.jpg
▲桃をモチーフに忍び込ませたアンティークスタイルの婚約指輪。

昨日、某出版社の素敵なお三方が取材にいらっしゃいました。
フラウの素敵な空間とジュエリーの美しさを楽しんでもらえたかしら?
話すがら女子同士で盛り上がっちゃって「サクランボの指輪」と「イチゴの指輪」と「モモの指輪」を即興で描くことに。

「むーんっ。桃だけがすぐにヒラメかない・・・」
で、
「本日モモは品切れです」と。

神戸のジュエリーショップ「FRAU/フラウ」はこんな楽しいお客様とのやり取りが繰り返されています。
ジュエリーを買うその時間そのものが大切で、
今までの宝石店ではできないスペシャリティと楽しさと満足を提供してます。

で、昨日描けなかった桃の指輪、悔しかったので描いてみたのです。

レイの素敵なお三方にお知らせです!
「昨日なかった新鮮なモモ。本日入荷しました☆」
designer JyunKo
posted by ナナ at 14:57 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2011年08月22日

「What do you choose wedding bands material?・結婚指輪、素材の魅力」

結婚指輪マリッジリング婚約指輪の素材.jpg
▲神戸フラウの結婚指輪(マリッジリング)は様々な素材が使われます。


ピンクゴールドは 、「春のやさしい陽射しが溶け込んだような色」

イエローゴールドは 、「ヒマワリの花びら一枚を切りだしたような色」

ホワイトゴールドは 、「落ち着きのある澄んだ秋のそよ風のような色」

プラチナ950は 、「気品に満ちた輝きを放つ冬の空気のような色」

銀は 、「純粋無垢で混じりけのない白雪のような色」


結婚指輪や婚約指輪の素材から私たちが受ける印象は様々。
どれも素敵な魅力にあふれています。
あなたが気に入るのであれば,それが一番良い素材なのです。

あなたは何を選びますか?
posted by ナナ at 17:27 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2011年08月04日

「Harmony of husband and wife・クローバーと8月の誕生石(神戸の婚約指輪リフォーム)」

神戸 婚約指輪 四葉 クローバー.jpg
▲ペリドットをアクセントにしたクローバーのエンゲージリング。

8月の誕生石はペリドット。明るくさわやかなイエローグリーン。
そのフレッシュな若草色は田園のクローバー畑を連想させる。

さて、デザインは神戸フラウのリフォームエンゲージリングの例。
中心のダイアモンドは彼女のお母様から譲り受けたもの。
ベースはイエローゴールド。
彼女の誕生日が8月なのでその誕生石ペリドットをあしらいにしました。
クローバーをデザインモチーフにした婚約指輪は金をベースにすることで色彩が豊かになり、
植物の躍動感が感じられます。

彼女の名前はMITSUHA。
3姉妹の末っ子で上から和葉(かずは)、双葉(ふたば)、三葉(みつは)というそうだ。

ちなみに8月の誕生石ペリドットの石言葉は「Harmony of husband and wife/夫婦の和合」。
指輪にデザインされた三葉のクローバーと四葉のクローバーは仲良く寄り添っています。


posted by ナナ at 15:00 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2011年06月28日

「ノアの箱舟の指輪・A ring of Noah’s arc」

箱舟Design1.jpg
▲ノアの箱舟をテーマにした婚約指輪のスケッチ

オーダーメードのリングデザインについて深く考える。

ここ神戸でも「オーダーメードで指輪を作りたいな」と思うお客様がいて、お電話にてお問い合わせをいただいたのブログを使ってデザイン画をアップロード。

お客様いわく、
「思うようなオーダーをしてくれるお店が少ない。」
「あってもそのショップの作風が強く反映され、ファンタジーすぎてこれじゃあ恥ずかしくて身につけられない・・・。」
とのこと。

フラウのオーダーは原則シンプル。
その中に気の効いたスパイスをちょっぴり加えて、
他にはない個性を演出することを心がけています。

リングのデザインスケッチは「ノアの箱舟」がテーマ。
0.3カラットのマーキースダイアを舟型の2点留プラチナカップにセッティングし、
シンプルゴールドのつや消しアームと組み合わせます。
アームの小さなダイアは入れても入れなくてもお好みでどうぞ。
ストレートのマリッジリングとぴたり重なる配慮もしていますよ。

お問い合わせ下さいね☆

posted by ナナ at 01:54 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2010年03月13日

「Sing a song of sixpence・6ペンスのお守り」


イジャメイの6ペンスコインペンダント.jpg


写真はゴールド枠のコインペンダント。
黒真珠とダイアとサファイアを使いました。
コインは英国の6ペンスで日本円で50円くらいだろうか?

依頼をくれたのは友人のKEIKO。
学生時代に留学していたイギリスの大切な思い出だという。
彼女は音楽を学んでいた。

マザーグースによると6ペンスを身につけると
花嫁は幸せになるという。
歌を歌うものは美声が出るともいう。

6ペンスはお守り。
6ペンスの歌を歌おう。

posted by ナナ at 12:33 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2009年12月17日

「Ring of Geminids・ふたご座流星群の指輪」

ふたご座流星群のエンゲージ.jpg

ふたご座付近を放射点として出現する流星群は12月14日に極大を迎えた。

写真は流れ星の指輪。

大きいダイアは0.15カラット。
小さいダイアは0.066カラット。
プラチナのリングベースにゴールドの星型のカップを曲線でつなぐ。

件のふたご座流星群をデザインしたもの。

イジャメイは、稀にWEBサイトからこうしたオーダーを受ける。
たまにはこういった仕事も良いものだ。

一説では、ふたご座流星群は毎年その輝きを強め、今後100年は観測できるという。
ご注文いただいたお二人の関係もきっとそうなのだろう。


ブログでの紹介OKをいただいたお二人にお礼と感謝の気持ちをこめて・・・。

Merry Christmas☆
posted by ナナ at 19:20 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2009年10月09日

「BROACH of CAMMEO:落ち穂拾いのブローチ」

イジャメイの落ち穂拾い.jpg


35年前の瑪瑙カメオはミレーの落ち穂拾いがモティーフになっていた。
このたびは独身の女性から依頼でブローチの加工。
彼女が生まれた時祖母がくれたルースだという。

ジャン・フランソワ・ミレーはバルビゾン派の画家で、フランス農村の日常を宗教的スケールで描いている。
郷愁を感じえないのは私達に日本人が稲作を中心とする農業国だからだろう。

ミレーの名画はオルセー美術館に収蔵されている。
国内だと山梨県に2枚の「種まく人」のうち一つがあります。


posted by ナナ at 17:11 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2009年08月01日

「broach of opal・ボルダーオパールのブローチ」

イジャメイのボルダーオパールブローチデザイン.jpgイジャメイのボルダーオパールブローチ詳細.jpg




















神秘的な色彩を内包するオパールはまるで、7色の絵具を並
べたパレットのようだ。
写真はボルダーオパールのブローチ。
この宝石はオーストラリアからやってきたという。
エメラルドグリーンからコバルトブルーにカラーグラデーションする景色は
なるほど、オーストラリアの海と大地を連想させる。

左はお客様に見せるもの。
右は職人さんに提出するもの。
posted by ナナ at 14:35 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし

2009年02月20日

「Brooch of two pearls・真珠のブローチ」


イジャメイのリフォーム:BROOCH.jpg


土地柄か真珠を持ったお客様が多い。

こちらは南洋の18ミリゴールドパールと13oシルバーパール。
もとは2本の指輪だった。
もう使わないのでブローチにしたいとリフォームの御依頼。

マダムはちょっとかっこいいデザインが好みでした。

3つのデザインは石の数がすべて同じ。
同じ材料で違った表現を考える。
そんなパズルみたいな仕事が好き。

(たまにはブログでイジャメイの仕事っぷりも披露☆)









posted by ナナ at 14:03 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし