2013年09月22日

「Feel meeting again・予感」

1リボンをすいーそしてパカ!.JPG
▲リボンを一緒にほどいて、箱をぱかっと開きます
2おお、じー.JPG
▲「おおっ!」そして手に取ってじーっと見つめます
3はめっこします.JPG
▲それではお互いにはめっこしましょう。

そもそもRYUSUKEにとってKANAは憧れの先輩で、好きだけど、とても遠い存在だったようです。
大学生の時、軽音楽部として同じ時を過ごした二人。
でも時は過ぎて大人になって離ればなれ。
ずいぶんと経過したある日。
「なんか今日はKANA先輩にあえそうな予感がするぞ」とRYUSUKE。
大阪の街を歩いていると、交差点で髪の長い女性を見つる。
「もしやっ!」と駆け寄れば、
残念、人違いでした。
「なわけないか・・・」
と交差点の信号待ち。
ポンポンと肩をたたかれ、
「RYUSUKE君、久しぶりだねっ」
振り向けばKANAがっ!
「うわ〜〜〜↑」

人生に一度くらいはこのような素敵な予感が働く一日があるのだろう。
兎も角、RYUSUKEのインスピレーションは最高のタイミングだったようだ。

ツタバラの指輪 フラウコウベ.jpg
▲二人のために描いマリッジリングのデザイン画。

ツタバラをデザインしたもので、
それは絡み合う運命のよう。
軽音楽の件でロックな薔薇をリングに3か所。
その間にダイアモンドを×3石。

デザインと制作を担当したのはRYUSUKEと仲良しの職人のMAKOTO。
そして、完成した指輪はこちら・・・

ツタバラのマリッジリングオーダー.jpg
▲ツタバラが立体的にリングに絡み合う、横顔美人のリングです。

職人にとってリングに一周模様を入れることは難しく、またサイズも当然男女違うので、ずいぶん苦労して原型を作ったそうです。
「いやーでもね、うまいことできたわ!」と職人さんも自慢げ。

さて、リングの完成をお渡しする時、KANAはごそごそと鞄からあるものを出しました。

リングピロー手作り神戸.JPG
▲手作りのリングピロー!綺麗!

手作りはずいぶんきれいで、KANAは裁縫が得意なのだろうなとうかがえる。
職人が一生懸命作ったリングに敬意をこめてか
それは結婚指輪専用の指定席。
さっそく取り付けて記念写真。
(この写真を職人はいつも持っている・・・)

なんかいろいろと心がつながりあった素敵なお客様でした。


RYUSUKEとKANAEはフラウコウベのお客様.JPG
▲最後に二人一緒に着けて、ハイポーズ!








posted by ナナ at 19:23 | TrackBack(0) | オーダーのいいはなし
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76314331

この記事へのトラックバック