2020年10月28日

「CHURCH Written Vows/芸術の秋

776F1148-93BB-4945-B63F-906A2DC661A1.jpeg
▲芸術の秋。アンティークに憧れて…。

食欲の秋、読書の秋、紅葉の秋…
ちょっぴりノスタルジックな気持ちにもなる実りの季節、
皆さまはどんな風にお過ごしでしょうか?

今日はフラウの作品の中でも、まさに「芸術の秋」にふさわしい、
西洋の教会建築を象った「Churh/チャーチ」の作品をご紹介いたします。

NC002_ E_YG竭。.jpg
▲「Written vows ダイヤモンドリング」でクラシカルに決めて。

このチャーチシリーズ、実は中世ヨーロッパで初めてある男性が
「愛する人へ贈った指輪」のリングデザインを元にした復刻版のデザインなのです。

結婚という決断がまだ個人の意思だけでは難しかった時代、
お互いの想いを確かめ合う誓いの指輪は、とても大きな意味を持ちました。
結婚証明書の巻紙をモチーフにした、複雑で重厚感のあるデザインには、
たくさんの想いが込められています。


NC002 (4).jpg
▲ダイヤモンドリング&男女お揃いのペアリング

ダイヤモンドリング:オンラインはこちら
ペアリング:オンラインはこちら

男女のお揃いで着けられるペアデザインもあります。
ダイヤモンドは使用せず、お揃いの伝統模様を彫り込んでいます。


image_bridal201907_4.jpg
▲伝統工芸品のように、繊細な仕立て。

複雑に縁どられた曲線や、掘り込みは神戸の職人が長年の経験で培った技。
大切に一から手作りされる指輪だからこそのあたたかみがあります。
総彫りだけれど、サイズ直しや彫り直しもしっかり対応しているので安心。

EgMezi1g_jpeg.jpg
▲ファッションジュエリーとしても人気!

少し離れ見ても個性が光るデザイン。
ダイヤモンドリングは、女性様のお出かけのお供に、普段使いとしても使えるデザイン。
また、お揃いの指輪はアンティークで落ち着いた雰囲気なので、
ご結婚20周年、30周年などにお選びいただくメモリアルジュエリーとしてもおすすめです。


/DESIGNERS
posted by ナナ at 10:00 | TrackBack(0) | 作品のいいはなし
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188060610

この記事へのトラックバック