2019年10月09日

「Retro,/秋らしい彫刻のリング」

A790BDD4-81C7-469D-BB74-0889EE93415C.jpeg
▲細やかな彫刻に職人の熱意を感じるリング


冷たい風が吹くと、もう秋の気配。
ローゲージニットを風に通しておこう、
気持ちは早く今夜はお鍋にしようかな。

なんだかあたたかさが恋しくなるこの季節は、
フラウの指輪がぴったりなじみます。

本当は冷たい金属なはずだけど、
大切に作られているからなんだかあったかい。
そんな風に感じるからでしょうか。

ED90C618-D470-4786-B422-9C15C807825A.jpeg
▲特に「Retro,/レトロ」は神戸の職人のあたたかさを感じます

一月に数本しか作れないから、限定制作。
彫る道具も、柄も、順番もすべて決まっている伝統彫刻は、
彫れる職人が少なくなってきました。

効率的に機械に頼ればもっと早いかもしれません。
でも手彫りでないと出せない風合い。
そして細やかさは見事に表現され、総彫りに着ける人への想いを感じます。

大切につくられる指輪だから、
ふたりの気持ちをつなぐブライダルリングにぴったり。

この指輪をつけていたら自然と心が暖かく、やさしい気持ちになれそうです。


/DSIGNERS

posted by ナナ at 11:20 | TrackBack(0) | 作品のいいはなし